1階構造部分においては、建物の荷重が特に
集中しやすいコーナー部分に通常のアンカー
ボルトに加え、ホールダウンアンカーを使用。
基礎から土台、床、1階の壁までを一体的に
連結させ、建物とのズレを防止します。

アーデンホームの
『ハイクオリティ』が
もっとも表れている点が
耐震性です。
耐震性では評価の高い
2×4工法に、さらに
木材を多く使用し、その
耐震性をレベルアップ。
耐久性向上のためには
水分含有量の低い
乾燥剤を使用し、補強
金具を多用するなど、
見えないところへの
配慮を随所に施し、
安心できる住まいを
ご提供します。

@屋根の構造

充分な断熱材と空気層により屋根からの熱損失を
防ぎます。

床下断熱材により床下への熱損失を抑え、
同時に結露を防止します。

Aハリケーンタイ

タル木と壁パネルを金物で緊結することにより、
強風などのあおりから屋根が浮き上がるのを
強固に防ぎます。

B外壁と通気構造

E床下の構造

外壁内部に設けた空気層により、土台部から入った
空気を小屋裏から排出し目に見えない壁内結露を
防止します。

Cスタッド補強

外部に面した壁の縦枠は通常1枚使用のところ、
2枚合わせの縦枠としています。隅部縦枠も通常
3枚でよいところを4枚合わせにすることで
強固にしています。

D構造の補強

F床下全周換気

キソパッキン工法による床下全周換気は、従来工法では
換気できない床下の入り組んだコーナーの隅々まで換気。
湿気を残らず排湿します。良好な床下環境は、断熱材の
省エネ性能を維持し、土台の腐れを防ぎます。

G基礎

強固な構造体をしっかり支える基礎は厚さ150oの
土間コンクリートをうつベタ基礎を標準としています。